当教室は、受身のピアノ教室ではなく

自分の頭で考え、行動できる
「自立した人」を育てるピアノ教室です!

 

 ご訪問ありがとうございます♪

 

2020年より変わる!教育改革!
アクティブ・ラーニングを
ご存知でしょうか?

「自ら考える力」この教育法を
当教室は十年以上前から取り入れており、
その結果、多くの個性豊かな生徒さんが
育っています。

今年の発表会は

 2018年9月9日(日)相模原南市民ホールにて

ありがとうございました。

2018年

体験レッスン受付中!

若干の空きはありますが、満席のクラスもありますので、日時はお問合せください。

 

若干の空きはありますが、満席のクラスもありますので、日時はお問合せください。

 

その他のコース・時間等、お気軽にお問い合わせください。

 

♪ 教室案内

幼児から大人のご年配の方まで、幅広く通っていただいています。
 
目標を明確にし、コーチング(思考や行動等を引き出す)を取り入れたレッスン。
 
曲を弾くだけではなく、作曲や即興、アレンジなども出来る音楽の総合学習「ペースメソッド」を使い、ピアノレッスンにとどまらず、人間性を高めることも同時に行っています。
 
受身のグループレッスンではなく、常に頭を使い自分達でレッスンを展開していく、自立と思考を促していくレッスン方法です。
 
指示待ち人間が問題視され
学校教育でも重要視されている
自分で考え、解決出来る力
 
「生きる力」を理念に掲げています。
 
もちろん、これはお子さんだけに限らず
いくつになっても成長できる能力です。
***************************
それにより、例えば...
 
before
自分に自信が持てなかった子も(´-`).。
after
認めてもらえる(*˘︶˘*).。.:*♡という安心感や
目標達成、成功体験の積み重ねにより
 
自信が持て表情が生き生きしてきます。(^^♪
 
 

 *当教室で出来るようになった事例

       生徒さんより、お答えいただきました。
 
技術…
即興演奏が出来る 
作曲が出来る 
アレンジ(編曲)が出来る 
♪楽譜通りに弾くことだけではなく、音楽を工夫して楽しむことが出来る。
全調が楽に弾けるようになる 
アンサンブル力がつく 
移調が出来る 
基礎力がついているので、ピアノだけではなく、他の楽器をやってもスムーズに楽しむ事が出来る。
♪グループレッスンで自分の気が付かない所を友達に指摘してもらえ、友達の評価をする事によって、学校の合唱や伴奏、吹奏楽等、的確なアドバイスが出来、活躍出来る 
♪幅広い楽譜の音符鍵盤の位置が初期段階で一致する 
♪音大で習うような専門知識が初期段階でわかる 
コードネームが読めて使えるようになる 
色々な種類の音楽(モード音楽、複調、12音音階、ペンタトニック、ブルース、全音音階等)や時代の音楽を初期段階で体験し、良さがわかる。 
分析力がつく 
 
心…
感性豊かになる 
集中力がつく
♪なんだろうと疑問をキャッチする力(知的好奇心)を刺激し、音楽を深く学ぶ意欲が生まれる 
♪どうすればいいか考える力(問題解決能力)がつく 
自己肯定感がつく
あきらめない気持ちがつく 
♪人との調和を持った人になれる
♪音が合っている合っていないと判断するだけでなく、何調なのかがわかるようになり、より豊かな音楽性を感じとれる感受性豊かな耳が育つ
♪ 何より楽しく 長続きする(^^♪
(中学・高校・大学に進学しても、ほとんどの生徒さんは続けています。そして続けられる生徒さんは、おしなべて学力が高い傾向にあります。)

ペースメソッドとは..

 
コロンビア大学の音楽教育学部教授、ロバート・ペース博士によって考案された全調メソッドです。導入期から、分析・初見奏・移調奏・変奏・即興演奏・鍵盤和声・聴音・テクニック・レパートリーといった総合的なバランス学習を全調で展開していきます。と言っても「無理なく楽しく」というのが、モットーです。20年以上の指導歴の中で「これだ!」と確信している、今話題のアメリカ教材の元になっているメソッドです。          
子どもから大人まで個性・年齢に合わせじっくり丁寧に指導します。

幼児コースはリトミック・ソルフェージュを重視し、感性を大切に...♪

好きな曲に時間をかけてレパートリーを増やしたり...♪

学校の伴奏にチャレンジしたり...♪

時には、ピアノとエレクトーンのアンサンブルを楽しんだり...♪

受験を目標としたプロフェッショナルコースを志したり...♪

何となくレッスンに通っていたらもう10年。そんな家族のような長い付き合いの生徒さんが、笑顔で気持ちよく帰ってもらえるレッスンをこれからも目指しています。
そんな空間を一緒に創りませんか?